横浜駅から3駅、石川町にある横浜の電気街へ行ってきた。

実はこの駅、自宅の最寄り駅。こんなに近所にパーツ店があるとは知らなかった。

以前はエジソンプラザと呼ばれ最盛期はあの千石電商や共立など、10店舗ほどが店を連ねていたらしい。
しかし現在はこんな時代で2店舗になってしまった模様...



北口からすぐの薬局の隣から入る。
一番上のブランクは、近年閉店してしまったとの事。


タック電子さんの前にはジャンク売り場があった。
結構掘り出し物が出現する穴場らしい。




↓買ったもの(100円)
チップ抵抗がリール5000個で50円!
秋月電子の20分の1という破格。
他にも何種類か値があったが、使いそうな100Kにしてみた。(多分使い切らないので欲しい人いたら3000個くらいあげます)

ジャンクコーナーには他にも良さそうなスイッチやインバータICが格安で売られており、まさに穴場と言える雰囲気だった。ちょくちょく覗きたい。


↓水筒コーナーも。





タック電子さんは様々なパーツを扱っており、大体のパーツはここで手に入ると思う。ただ、マイコンとかボード系は取り扱っていない模様



続いてシンコー電機さん


秋葉原にある古めかしいパーツショップとはまた一味違うお店。真空管やメーターだけでなくジャンク機器や基板もいくらか置いてあり、なかなか見ごたえがあった。
ハイカラなパーツは少ないが、ラズパイが置いてあった。そして例の便利中華LCRメーターも


↓羊羹






真空管を買ってみた。
12BH7A
新品で500円。安い



新時代の部品はないが、近所にパーツ屋があるというのはとても心強い。何しろ秋葉原まで1時間、電車賃にして1000円以上かかるので圧倒的にお得である。
これからもちょくちょく寄ろうと思った。