おはようございます。はんだるです。


今回は実験ネタです。



夏といえば花火、花火といえばテルミット。

高校化学で習うテルミット反応です。
酸化鉄とアルミの酸化還元反応ってヤツですよ。

難しい話は抜きにして、シュババ~ッっと高温の融解鉄が噴き出す、そんな感じです。


原料は酸化鉄とアルミ。

小学生の時の誕生日プレゼントです。

残ってたのでこれを使います。


後は3:8ぐらいで適当に混ぜる。
ぶっちゃけ適当でも反応は起きる。


美味しそう



袋に入れてよく混ぜる。
モミモミ








これを空き缶に詰めて完成!


ただ燃やすのも味気ないので、フライパンに穴を開けます

めっちゃ熱いので許可を取った安全な場所へ移動しましょう。





↓今回の犠牲となるフライパン。


ピンボケです...


アツアツ~


フライパンはこんな感じに。


安物なので一瞬で底が抜けました。
高い鉄鍋ならけっこう持つかもしれない。



こんな感じです。


テルミットは純鉄ができます。
高温で反応するので、ドアとか壁に穴あけたり、線路の溶接なんかで使われたりするそうです。


アルミ粉と酸化鉄は塗料を売ってる所とかで簡単に買えたりするので、皆さんもいかがでしょうか。テルミット。