どうもこんにちは

受験の夏です。
死んでます。




受験の夏ですが工作はたまにしてます。

今回はAVRマイコンを弄りました。
と言っても割と良くいじってるんですが。


本題ですけど、
いつぞやのNT京都でtessecraftのR氏に貰ったミニLEDマトリクスストラップの基板を組み立てました。

8ピンマイコンで20個のLEDを制御する小型電光掲示板のようなものです。

僕は部品実装と公開されてるプログラムを書き込んだだけなので何にもしてませんが、いざ動くとコレが面白い。
Charlieplexing という方式で制御していてエコ。
僕もこういうカッコ良い物を作ってみたいと思いました。




この時使ったマイコンは転がってたAVRのATtiny13Aです。
湿気ヤバイ窓際で発掘したので動くか心配だったけど動いた。すごい。


ついでにノートパソコンでの開発環境を整えました。
自室でできるってのは良いね。

ついでついでに書き込み機も改造

こういうのをパソコンに繋いでマイコンにプログラムをぶち込みます。
自作っちゃう人も多いんですが、
僕はザコなので純正を使ってます。
(写真は改造後)






この純正ライタは色々使えるTHE・純正なんですが、書き込み時に必要なマイコンへの電源を別途用意する必要があります。
電池とか用意するのもめんどいので、
電源をライタから取れるように改造です。

写真のように繋げば終了。
大した事は何もしていない....

USBの5Vを取ってきていますが、他の電圧の電源を使うかもしれないなーと思いスイッチでオンオフ出来るようにしときました。

簡単な作業ですが作業効率は劇的に進歩しました。

以上くだらない記事でした...